猫アレルギーの症状

猫アレルギーとは、猫に触ったりした際に、顔が腫れた、くしゃみ、鼻水がでるという症状が発生するアレルギーのことをいいます。ペットでは、犬よりも猫アレルギーの方が多く、また猫好きの方でも猫アレルギーになるケースが多いという話もあります。

猫アレルギーの症状もいろいろありますので、確認してみて下さい。当て嵌まる症状があれば、一度検査すると良いでしょう。
1.顔が腫れる(最も多い症状です)
2.目が赤くなる(結膜炎みたい)
3.目のかゆみ、皮膚のかゆみ
4.くしゃみや鼻水
5.咳(喘息のようにゴホゴホ・・)

特徴としては、猫と接触した際に急に発症するので、判り易いです。どの症状がでるかは判りません。個人差ですね。喘息の症状が出た場合は、医者に猫アレルギーになりましたと言って相談し、検査しましょう。

今まで猫アレルギーの症状がなくても、突然症状が出て来る事があります。(花粉症みたいですね)アレルギーは免疫力が低下したり正常な働きをしていない事が原因ですから、薬で症状を和らげると同時に、体質改善、生活スタイルの改善を行い、根本から猫アレルギーに立ち向かいましょう。


>>評価の高い アレルギーグッズ


最近の主力は空気清浄機ですね、ウィルスやVOC、においの原因の分解に絶大な効果を発揮しますので、猫アレルギーだけでなく、ハウスダスト・花粉症対策にも重宝しているみたいです。

猫アレルギーの原因と注意点

猫アレルギーになるには、猫から発する何かが体にアレルギー反応を起こさせる。と理解できます。では猫アレルギーの所謂アレルゲンは何でしょうか?

主なのは体毛、皮屑、唾液、尿が挙げられます。この内、尿はあまり現実的ではありませんね。
唾液も猫が舐めた時に、症状が発生すれば可能性がありますが・・

猫アレルギーの実際の原因は体毛と皮屑と言えるでしょう。それもその筈で、猫は普通お風呂に入れませんから、猫が体を掻いたとき、かなりの量の皮屑が周囲に撒き散らされていると理解できます。また猫の毛も飼っている人は判ると思いますがかなり抜けています。ですから猫アレルギーの原因を取り除くのが、対策の第一歩である事は間違いありません。

猫アレルギーの症状にボーダーライン(猫アレルギーが瞬時に症状にでず段階的に症状がでる方)がある方なら、症状が出る時間を引き伸ばす、軽くする事が十分可能です。一方、症状が瞬時に出る方は、手袋やマスクなど着用するしかないかも・・(薬という手もありますが・・)
加えて猫アレルギーの方はスキンシップに注意が必要です、猫とのスキンシップの後は、手や顔を洗うことを忘れてはなりません。

とは言え、猫とのスキンシップの度に手や顔を洗うのは大変です、そこで猫アレルギーの主要な原因の一つである体毛(抜け毛)に対応するグッズを紹介しておきますので試してみては如何でしょう?

抜け毛が原因ならイッキに解消の可能性もありますよ。




猫アレルギー対策の注意点

猫アレルギー対策は基本的に、薬と環境がテーマになると思われます。ただし薬は医者との相談なので、多くは控えます。

猫アレルギーは、環境を整備して、症状を改善(軽減)する事が対策の基本です。そして猫アレルギーと共存する手段は、アレルゲンの排除で症状を軽減させる事となります。

具体的には
1. 窓を開け新鮮な空気の流れを作る(カーテン等に付着したフケ等はなくならないので効果は薄いです)
2. 掃除(カーペットはやめましょう。それでもフローリング等は直ぐアルゲンが溜まります。マメに掃除しましょう。カーテンの洗濯と壁の拭き掃除は効果が高いです)
3. 空気清浄機(猫アレルギーのアレルゲンを半減させるほどの効果があります)
4.猫にも一ヶ月に一度くらいお風呂に入ってもらう(アレルゲンとなって体が反応するのは、猫の毛やフケです。あまり頻繁な入浴は猫の為にもおすすめできませんが)

最後に 猫アレルギー に限らず体調が悪くなれば、症状は悪化します。特にストレスは免疫力を減退させ、不安定な健康状態になります。猫アレルギーの事に神経が過敏ならないよう務めるのも対策です。猫アレルギーの事に神経が過敏ならないよう務めるのも対策です。ストレスもアレルギーには大敵です。。

猫アレルギーの症状と対策、うまく付き合う方法!

猫アレルギーを所有しながら猫と同居するのは大変です。とは言っても、猫の可愛い姿を常時見ていたいという気持ちはよく分ります。猫アレルギーでどうしても飼えないという人に少しでも希望を持って頂ける情報を提供します。


基本的な猫アレルギーの症状は目と鼻にでます。

○ 目が赤く腫れ、痒くケースが多い。
○ 鼻はくしゃみが基本です、鼻水が止まらないケースもあります。
○ 肌が赤く腫れ、痒く人もあります。

付き合い方の紹介

1 ブラッシング
 自分ではできないと思いますが、家族の協力で猫の抜け毛を可能な限り軽減します。
 基本毎日のブラッシングで抜け毛を大分少なくできるハズ。
 勿論猫も気持ち良いハズなのでがんばりましょう。

 場所はベランダとかの毛が外に流れる場所を選択しましょう。

2 お風呂
  入れるのも大変なのですが・・・
  猫の性格によっては大きな抵抗に合う可能性もあります。
  定期的なお風呂が猫アレルギーを低減させたケースは多いです。

3 寝室をどうする?
 個人的には毛布、布団などに猫達が暖まりにやってくるのが好きなのですが・・
 アレルギー対策上は心を鬼にして追い出す事を推奨します。猫の抜け毛が・・
 
4 広い家に住む
 予算の関係があるので理想として聞いて下さい。例えば猫1匹とワンルームで共同生活をすると厳しいです。広い家なら大分楽になる事が予想されます。同じ意味ですが、部屋というか家の風通しを良くすると猫アレルギーの元が充満するのをふせいでくれます。

5 生え変わり時期
言うまでもないですが、季節の変わり目の抜け毛は強敵です。多分目が腫れあがってしまってますよね。
基本的に対処療法しかないですから、毎日ブラッシング+風呂は鉄則です。諦めムードで放っておくと猫アレルギーは悪化するばかり。